ドアを開ける青い服の子供

 

はさマンモス【賃貸用】使取り付けから5か月が過ぎました

 

このページを訪問してくださったあなたが気になるところは、はさマンモス賃貸用タイプのテープの強度ではないでしょうか?

 

「はがし易くて跡が残りづらい=粘着力が弱くてがすぐ剥がれてしまうんじゃないだろうか?」
「毎日頻繁に開け閉めする部分なのに粘着力が弱いのはどうなんだろ?」
そんな疑問もわいてくると思います。

 

ただ、結論から言うと心配いりません。大丈夫です!

 

我が家では開閉頻度が最も高いリビングのドアにも使用していますが、5か月以上経った今もはがれることなくしっかりとくっついています♪

 

 

はさマンモス【賃貸用】の5カ月目の状態を動画で!

5か月たったのに全然平気な我が家のはさマンモスですが、

  • テープの強度
  • はがしたときの跡

がどんなものなのかお見せしたくて動画をとってみました。

 

しっかりくっついているので、最初はがしにくいのがわかっていただけたでしょうか?
その後、簡単にぺリッと剥がすことができました。

 

注目していただきたいのは、はさマンモスをはがした後のドアの状態です。何の傷も残っていません。両面テープもはさマンモス側に付いたままで、ドアには何の痕跡もありませんね。

 

内心「ドアにテープが残っちゃうかな?」と思っていたので、こんなにキレイにはがれるのは意外でした。ちなみに、今回は動画のためにはがしてみただけ。まだ取り外すつもりはないのでそのまま貼りなおしましたが、今度もまたしっかりとくっついてくれています。

 

≫はさマンモス賃貸用タイプ 開閉の様子や強度確認の動画などはこちら≪

 

はさマンモス【賃貸用】と【強粘着】の違い

はさマンモス 賃貸タイプと強粘着タイプの違い

この図でわかるように「賃貸用タイプ」と「強粘着タイプ」の違いは

  • 粘着力の違い
  • 接着面積の違い

これだけです。

 

賃貸用タイプの両面テープが約15cm間隔でついているのに対し、強粘着タイプはドアとの接地面全てに両面テープがついています。

 

「賃貸タイプはテープとテープの間が浮いてくるのでは?」と思われるかもしれませんが、我が家のはさマンモスを見ている限り、そんなことはありません。接着面がきちんとドアについていれば途中が浮くようなことはありません。小さなお子さんが指を挟むようなスキマも生じませんので、その点も安心ですね♪

 

【賃貸用】の強度に不安な時はシールを追加!

どうしても「15cm間隔の両面テープでは強度に不安がある」という方は、中間にもう1枚両面テープを貼るのもありだと思います。

 

とはいえ自分で両面テープを用意する必要はありません。はさマンモス購入のおまけとして両面テープも同梱されています。

はさマンモス 賃貸タイプのおまけ 両面テープ

 

不安な場合は、こうして両面テープを増やすこともできるので不安があるからと「強粘着タイプ」を購入するのは避けましょう。公式サイトには「賃貸用タイプ」と「強粘着タイプ」では両面テープが違いますと書かれています。もし万が一、退去時にドアに傷がついたら大変です。

 

万が一、満足できない場合は使用後でも返品&返金できます!

 

賃貸住宅に住みながら、粘着力に不安があるからと「強粘着タイプ」を購入する必要はありません。賃貸タイプに満足できなかった場合には返品制度を利用させてもらいましょう。

 

はさマンモスには他にも嬉しいプレゼントのチャンスがたくさんあります。
こうしたチャンスをフル活用して、一刻も早くお子さんの安全を守ってあげましょう!

 

 

満足できなかったら返品・返金OK!

さらに使いやすく改良されました!  

TOPへ